iphoneユーザーは日本国内では特に多く、人によってはタブレットと並行して利用している方も少なくありません。そんな多くのユーザーがいるアイフォンですが、何かのはずみに落として画面が割れてしまったり、トイレやお風呂で水没させてしまい、故障してしまったという経験をお持ちの方はかなり多くいます。
サポート保証を受ける場合は、アイフォン購入時にAppleCareに入っている方も多く、故障時の修理もAppleCareに入っていれば機種に合わせてかかる費用を大幅に抑えることが出来るので、安心ですがAppleCareはサポート費用も高いことから、購入時に入らないという方も少なくないのです。
そこで少しでも費用を抑えて修理に出したいという方の話を検証してみたところ、appleのメーカー修理ではなく修理専門業者に直接依頼をするという方法をとっていることがわかりました。メーカー修理に出さない理由として挙げられているのが、即日サポートを受けることが出来ない点にあります。スマートフォンは仕事やプライベートでも欠かせないモバイル端末となっているので、破損や故障をしてしまうと数日から数週間は使えなくなってしまうのは困るという方は大半です。
しかしappleのサポート窓口は、即日修理を行うことはほぼ不可能なことや、窓口によってはサポートを受けるために多くの利用者が押し寄せる特徴があるので、サポート窓口に相談することすら時間がかかってしまうデメリットがあります。そのためメーカー窓口に修理の依頼を出すのではなく、他の修理業者に持ち込んで故障状態を見て貰う方法をとる場合が多いのです。
メーカーに持ち込まない方法を利用するメリットとして、即日で対応してもらえることや、往復送料や代引き手数料がかからないなど、費用を抑えたり使えるようになるまでにかかる時間が短い点が評価されています。
またデータ消去を行う心配がないので、大切なデータを守ることができます。