iphoneは精密機械ですから、ちょっとした衝撃で画面割れをしたり、長く使えばバッテリーがすぐに切れたりするなど、修理に出さなくてはいけない時も出てきます。大事な連絡手段、コミュニケーションツールですから、すぐにでも直したいと思った時には幾つか方法があるので、自分の状況に応じて使い分けてみるといいでしょう。

一番基本的な修理方法としては、iphoneを販売しているAppleに相談することです。お店が近くにあればそちらで直接相談できますし、遠い場合にはコールセンターに電話して配送して手続きを行います。また、自分が購入した携帯キャリア(ソフトバンク、auのみ)にて受付をしてもらうこともできますし、Appleの正規サービスプロバイダに認定されている店舗を探してそちらで作業をしてもらう事も可能です。

それ以外にも修理できる方法としては、非正規であるお店に持ち込む事でしょう。近年増えつつあるタイプのお店ですが、アイフォンの画面割れやホームボタンが効かないといったようないろんなケースの対応がしてもらえるのと、正規の修理よりもかなり価格が安いというのが魅力です。データの消去もせずに作業をしてくれる事も多いため、バックアップを取らない、取れない方にも嬉しい方法です。ただし注意したいのが、「非正規」であるため、これらのお店を利用して直した場合には以後保証期間内であったとしても、Appleの製品保証は受けられなくなります。直すときに使うパーツも純正ではなくサードパーティー製であることも多いため、場合によってはOSアップデート時にエラーが出たりすることもあるというのは理解しておきましょう。

毎日使っているものですから、iphoneは早く直さないと連絡も全く取れないという状況に陥ってしまいます。正規サービスで料金も出してしっかり直すか、非正規で手軽に直すかは自分次第なので、長い目でよく考えて利用して下さい。
iphone修理 京都